「月がきれい」の登場人物たち

川越市立第三中学校3年1組
安曇 小太郎(あずみ こたろう)
  本作の主人公。
  文芸部部長で、本が好き。自身でも小説を書いている。
  恥ずかしくて誰にも書いた小説を誰にも見せたことがない。
  勉学も運動も苦手。
  生まれてからずっと川越で育ってきた。

水野 茜(みずの あかね)     
  本作のヒロイン。
  短距離専門の陸上部部員で大会で、複数入賞している。学業の成績も良い。
  芋のマスコットを持ち歩き、緊張すると揉んで気持ちを落ち着かせている。
  転勤族の家庭で育ち、地元がない。川越には、小5の頃からいるようだ。

山科 ろまん(やましな ろまん)
  小太郎の親友。人間観察が得意で、人の変化にすぐに気づく。

小笠原 大地(おがさわら だいち)
  小太郎、ろまんの友人。柔道部部長。小太郎に絡むときは、首を絞める。

金子 翼(かねこ つばさ)
  坊主頭の野球部員。体力バカの自信家。
  俺様系で思いやりが無い。心咲にちょっかいを出す。

永原 翔(ながはら しょう)
  サッカー部。いわゆるチャラ男。
  節子と交際していたが、下心出しすぎてフられた。

稲葉 保仁(いなば やすひと)
  サッカー部。顔と性格が地味で目立たない。
  美羽の気まぐれに翻弄されている。

今津 美羽(いまづ みう)
  心咲の友人。吹奏楽部の幽霊部員。
  女子としての意識を高く持っており、気まぐれで面倒な一面がある。

佐藤 節子(さとう せつこ)
  吹奏楽部の幽霊部員。
  家がちょっとお金持ちで、おしゃれな大人びた雰囲気の女子。
  考えが浅く言葉遣いが悪い。
  永原と付き合っていたが、別れた。

宮本 心咲(みやもと あいら)
  女子のリーダー的存在。テニス部の幽霊部員。
  立場が強く勝気な性格だが、一方で素直で押しに弱い。

田中 さくら(たなか さくら)
  眼鏡に三つ編みの目立たない女子。
  クラスの男子にもてる自分を妄想しては我に返っている。


陸上部
比良 拓海(ひら たくみ)
  陸上部部長。リーダーシップがあり人望も厚い。
  密かに茜に想いを寄せているが、周囲には気付かれている。

西尾 千夏(にしお ちなつ)
  3年2組。茜と葵の親友。人懐っこい性格。
  密かに小太郎へ想いを寄せ、茜にそれをLINEで告白する。

滝沢 葵(たきざわ あおい)
  3年3組。茜と千夏の親友。
  3年間をジャンプに捧げているため、恋愛には関心すらない。
  ストイックな性格が後輩に人気。実は大の男嫌い。


安曇家
安曇 龍之介(あずみ りゅうのすけ)
  小太郎の父親。市役所勤務。
  無口だが、息子が小説を書いていることに気付いている。
  進学に迷う小太郎に言葉少なにアドバイスする。

安曇 淳子(あずみ じゅんこ)
  小太郎の母親。夜更かしする息子を心配している。


水野家
水野 洋(みずの ひろし)
  茜の父親。食品メーカーに勤めており、転勤族。
  娘2人に彼氏がいることを知り、複雑な表情を浮かべていた。

水野 沙織(みずの さおり)
  茜の母親。専業主婦。
  以前はデザイン会社に勤務していて、会社に出入りしていた洋と結婚。

水野 彩音(みずの あやね)
  茜の姉。東京の私立女子高に通う高校2年生。とび職の彼氏持ち。
  妹の恋愛事情に興味津々で、よく茜の携帯を覗いてくる。


その他
園田 涼子(そのだ りょうこ)
  3年1組の担任で、音楽教師。美人で男子生徒の憧れの存在。
  ろまんに好意を向けられてから、彼を意識するようになる。
  好きの意味が「先生として好き」という意味だとわかった後も、
  彼の言動で一喜一憂している。

立花 大輔(たちばな だいすけ)
  大学生で古本屋「立花古書店」の息子。小説から恋愛まで小太郎の良き相談相手。
  デートする場所がない小太郎に自分の店を貸した。

今、見ておきたい初々しい初恋を描いたアニメ「月がきれい」の魅力

第1話:春と修羅

第1話:春と修羅

  • メディア: Prime Video

月がきれい」とは?

川越を舞台にした、とある少年少女たちの中学三年生の一年間を描くアニメ。

あの頃の初々しい恋愛を思い出せてくれる。
初恋は必ずしも実らないし、実ったとしても順風満帆じゃないし、困難はある。
ウワサ、嫉妬、ヤキモチ、すれ違い、それらの問題にどう向き合うか。
大人からすれば小さい問題かもしれないけど、子どもからすれば初めてのことだし向き合い方も分からない。
もがき続けて、自分なりの答えを見つけて前を向いていく。
それでも、子どもの自分たちでは太刀打ち出来ないような大きな問題に対面することがある。

諦めるって簡単だけどやってみるのも、もがてみるのも一興だと、そう思わせてくれるいい作品でした。

川越の伝統や風土

作中にて川崎の地名や景色がキラキラしていて、毎日が輝いていたあの頃のようでした。
サツマイモが川越の特産のため、サツマイモのグルメが描かれていたりして、食べてみたいと思いました。
ヒロインが精神安定剤にしているぬいぐるみ「べにっぽ」のモデルはサツマイモ。

氷川神社の風鈴祭り、川越祭り、その土地特有の祭りってテンション上がりますよね。

川越の景色をを実際に見たわけじゃないけど、川越が好きになりました。

恋愛描写

LINE返信の待ち時間落ち着かなくて、電気の紐の先のボールみたいなのをパンチしたり、腹筋したりすごく分かります。
逆にLINEを送るまでに悩んで、送信ボタンを押すのを躊躇するのもすごく分かります。

名前の知らない異性に対して、特徴からあだ名をつけてることもありました。
本作では、ヒロインが主人公に対して、「はねてる君」とあだ名をつけてましたね。
あの頃が懐かしいです。

好きは理屈じゃない、理屈とかあっても、それは後付けでいつの間にか好きになってるんですよね。
きっかけは偶然かもしれないけど、関係を前に進めるのには勇気がいる。

あだ名ってさ、つけられた時はなんか嫌なんだけど、大人になるとそれが自分の個性になってたりするから、面白い。
ま、悪意満載なあだ名は別ですよ。
私の場合は、出っ歯だったのでウサギでした。昔は嫌だったけど、今は治す気もありません。
気に入ってるし、よくネット上で使う名前はウサギ関連です。

オープニング「イマココ」


東山奈央 イマココ

オープニングは、主人公の小太郎の目線のような気がします。
初めての恋に振り回されている小太郎が目に浮かびます。

エンディング「月がきれい


東山奈央 月がきれい
エンディングは、ヒロインの茜の目線のような気がします。
二人の思い出を振り返っている茜が目に浮かびます。
風鈴の音、菓子屋横丁、いつもの寝ぐせ、夏祭り、、、

実は毎話ごとに、映像が秋の木になるぐらいから表示されるラインの書いてある内容が違います。勘の鋭い方は、気づくはず。
最終話のエンディングで、ラインの謎が回収されます。

最後に

次の日休みなので、見だしたら止まらんくて徹夜しました。
でもう1周しました。
いいアニメでした。川崎に行きたくなりました。
こんな青春送りたかった。
告白って、勇気のいることです。私は学生時代に告白しましたが、振られました。
でも後悔はしていません。

今、恋してる中学生に見てほしいアニメです。

今、読んでおきたいほろ苦い青春ミステリ小説「古典部シリーズ」の魅力

米澤穂信と古典部

米澤穂信と古典部

「私、気になります」ってかわいい女の子に疑問をぶつけられたら、あなたは面倒でもその疑問に答えますか?

古典部〉シリーズとは?

1巻「氷菓」、2巻「愚者のエンドロール」、3巻「クドリャフカの順番」、4巻「遠回りする雛」、5巻「二人の距離の概算」、6巻「いまさら翼といわれても」、続刊は未定の作品らのことをさす。著者は、米澤穂信先生です。

アニメ

2012年に京都アニメーションにより、1巻から4巻と当時未収録だった「連邦は晴れているか」の部分をアニメ化された。
原作に忠実かつ、多少の糖分(恋愛描写)を追加された。この影響か、某二次創作投稿サイトにはファンたちの妄想から産み出された作品が激増した。

実写映画

2017年には、1巻が実写映画化された。
キャストには賛否両論があったが、ストーリーと主題歌はかなりの高評価だった。

原作との違い

デビュー作である「氷菓」は、踏み込みが足りなかったと米澤穂信先生はどこかの記事で書かれてました。
それを映画では、かなり踏み込まれてました。大きく変わったのは、「優しい英雄」の定義です。これが変わることで登場人物たちのセリフに重みが増します。

主題歌

主題歌の「アイオライト」は、まさに〈古典部〉の世界観を極限まで表現した曲と言って過言ではないでしょう。YouTubeでは、アニメ映像と「アイオライト」を重ねた動画もあるぐらいです。『なぜアニメに使わなかったんだ』という、絶賛の声をちらほら見かける程です。
しかしアニメが放送したのは、イトヲカシがデビューした時と同じ年です。アニメの製作期間を考えて、たぶん無理ですね。しかも、デビューしてから培った技術もあるかも知れません。なので当時のイトヲカシに、あのクオリティーを求めるのも無理があると思います。
なので、2期に期待ですね。いつになるかは図りしれませんが、、、

ストーリー

探偵役の折木、依頼人役の千反田、情報屋役の福部、一般人役の伊原。の四人の高校生が所属する活動目的不明の部活〈古典部〉の日常の話。
基本的なストーリーの流れは、千反田が日常の気になったことを折木に「私、気になります」と迫り、折木は福部や伊原そして千反田の五感を頼りにしながら謎を解いていく。

ファンが減らない理由

1巻「氷菓」は、2001年10年発行。米澤穂信先生のデビュー作。それから10年以上経った今現在は、6巻まで発行されている。かなりスローペースなため、学生時代に初めて知った作品なのに社会人になっている読者は多い。日々の忙しさで忘れてしまうかもしれません。
しかし根強い人気がある。それは謎の解かれた瞬間に明かされる、謎に秘められた動機の部分にとても考えさせられるからだ。それは読み終えた後も、残り続ける。
氷菓の意味、結末を書かなかった理由、素直になれない訳、様々な思惑が行き交う日常に一石を投じてくれる登場人物たちの想い。それを理解した時、あなたの日常は少し違って見えてくるかもしれません。

普通に生活していても、〈古典部〉の文字をネットニュースや電車の釣り広告等で見かけると即座に反応してしまうのは、私だけではないと思いたいです。

最後に

かなりスローペースなため、早く続きや結末を知りたいせっかちな人は非常にツライ作品です。
でも待った分だけ、素晴らしい新刊が発行されます。そう思っているのは、私だけでないと思いたいです。
真偽が定かではないのですが、大学生編までやるらしいので完結する頃には、私はかなり歳いってそうですね、、、
最新刊の内部時間は、高2の夏休み初日で終わってます。
次巻は夏休みをやるかもです。 「米澤穂信古典部」に書いてありました。「いまさら翼といわれても」の日付設定を夏休み初日にした理由に、夏休みのエピソードを書いていないのはもったいないからとあげてました。

次巻が楽しみです。

雀って、軽いんだな、、、

一ヶ月ほど前の話です。

会社の倉庫に雀が迷い混んで、壁に向かって飛んでぶつかったり、出口が解らず地べたをうろうろしたり、チュンチュン鳴いたりしていた。
たぶん雀の雛だと思う。色が微妙に違ったから。

かわいいので眺めていたいが、リフトで色々するところだから誤って轢きそうになるので、一旦仕事を中断して雀を捕まえて外に出すことにした。

地べたに膝をつきハイハイ状態でゆっくり近づくと、警戒したのかチュンチュン鳴きながら壁に向かって飛んで逃げようとする。
数分間壁に向かって飛んだ末、逃げ場がないと悟ったのかおとなしくなって座り込む。少し怯えている気がした。
少しずつ近づき至近距離まで近づいた。雀の両側からすくうようにして手を近づけて、手の間から雀の足を出した状態で持ち上げた。その時、雀はさらに怯えた気がした。

その状態で倉庫の外に出て、広いところに雀を下ろした。
すると雀は一旦周りを見て、チラッと私を見るとチュンチュンと鳴いてどこかに飛んでいってしまった。

私は雀の飛んでいった方を見て、ホッコリした気分になった。そして手に残っている温もりと感触を思い出しながら、雀って軽いんだなと思った。
感動と驚きがいり混ざった感情になった。なんて説明すればいいんだろう、、、とてもいい経験だった。


一ヶ月ほど経っているのに、今になって投稿したのは理由がある。

最近気がついたのだが、会社近くの電線や倉庫のひさしの下の溝とかにポツンと1匹の雀がとまっているのを、毎日でないがかなりの頻度で見かけるようになった。
もしかしたらあの助けた雀かもしれないと思った。確かめるすべはないが、そうだったらいいなと思っている。

ニョッキ

f:id:rabbitkisaragi:20200701215213j:plain

皮のついたジャガイモを濡らしたキッチンペーパーで包みます。さらにラップで包みます。
レンジにかけ(400W5分)、上下逆にしレンジにかけます(400W5分)。
かなり熱くなってますが、手で皮が剥けるようになります。難しければ、水で少し冷やしてピーラーで皮を剥きましょう。
皮を剥いたジャガイモをボールに入れます。

f:id:rabbitkisaragi:20200701215858j:plain
⬆これでジャガイモを潰します。潰れてきたら、薄力粉を混ぜていきます。ゴムべらで混ぜると、やりやすいです。
少しずつ薄力粉を入れていき、粘り気が増しまとまってきたら、ニョッキーのもとは完成。

いつもまな板を置く場所にラップを貼り付けます。この作業で片付け・掃除が楽になります。
ラップした上に薄力粉をまきます。その上にこぶし大のニョッキーのもとを乗せます。表面に薄力粉をまぶし細長くしていきます。細長くしたら、包丁で短く切り、火の通りを良くするためにフォークで平らに潰します。
鍋に水を入れてお湯を沸かし、少し塩を入れます。パスタを茹でるときと同じ理由で、鍋にくっつきにくくするためです。
平らにしたニョッキーのもとをお湯に投入していきます。
火が通ったら上に浮かんでくるので、穴空きお玉ですくっていきます。
ニョッキーのもとがなくなるまで、繰り返します。


皿に盛り、温めたミートソースをかければ、完成です。お好みで粉末パセリで彩りを添えるのもアリです。

トマトのカップグラタン

f:id:rabbitkisaragi:20200606220358j:plain

材料

トマト8個(写真のようなサイズ)、玉ねぎ1個、ツナ缶1缶、ピザ用チーズ
マヨネーズ適量、にんにくチューブ5㎝程度、醤油小さじ1、粉末パセリ(彩り用)

作り方

トマトのヘタを包丁の尻でくり抜くように切る。そしてトマトの上部を少し輪切り。穴を開けないように慎重に、トマトの中身を小さなスプーンでくり抜てカップ状にする。
トマトの上部やくり抜いた中身は、そのまま食べたりほかの料理に使ったりします。
フライパンにアルミホイルを敷き、トマトカップを並べておく。

玉ねぎの皮むきし、半分に切る。芽の部分は切り、根の部分は残しておく。細かく切り込みを入れる(下の図参照、♠が玉ねぎのつもり、矢印①方向から切り込み)。



♠←②

矢印②(上の図参照)から細かく切る。根を残したり、切り込みを入れることで簡単にみじん切りが出来ます。ギリギリまで切ったら、根は捨てます。
好みによりますが、玉ねぎ特有の辛さを感じたい人はそのまま。甘さを感じたい人はさらに細かくみじん切りしてください。
かなり目にきますが、我慢です。

ツナ缶を開け、油を捨てます。捨てないと油分が多くて、くどくなります。
玉ねぎのみじん切り、ツナ缶の油を捨てたもの、くり抜いたトマトの果肉を2個分程度、マヨネーズ、にんにくチューブ、醤油を混ぜます。マヨネーズはしゃびしゃびにならない程度です。

混ぜたら、トマトカップにスプーンで詰めていきます。
詰め終わったらチーズを蓋をするように乗せ、フライパンの蓋をして火を付ける。弱火(限界まで小さく)にしないと、火が通り切る前に底が焦げる。
ゆっくり加熱することで、野菜の甘味が出るらしい。本当かしらないけど、教わった時にそう言ってた。

火が通ったら、アルミホイルごと皿に乗せて上にパセリを振りかけて完成。

熱々で食べてもよし、冷やして食べてもよし。別の皿に移して、スプーンで崩しながら食べる。
実家はトースターで作ってましたが、一人暮らしなので小さなレンジしかありません。フライパンで弱火にすれば代用は出来る。チーズは溶けるだけで、焦げないけどね。

ズッキーニのチーズ焼き

f:id:rabbitkisaragi:20200606214255j:plain

ズッキーニを厚め(8㎜ぐらい)の輪切りにして、フライパンに並べて、チーズをのせる。
蓋をして蒸し焼きにして火が通ったら、ひっくり返してチーズをお焦げ状態にする。

仕上げに黒胡椒をかけて完成。

ポイント

厚め(8㎜ぐらい)に切ることで、ズッキーニの食感を楽しめます。ただし焼くときは火が通りにくいので、火を通りやすくするために蓋をして蒸し焼きにします。

ほかの料理でピザ用チーズが微妙に余っている時にズッキーニを買ってきてやってみるといいかもしれません。